こんにちは。

今週はデモトレード(リアル口座を早く開設せねば!)で
ロンドンタイムにトレードしていたのですが、
水木とドル円にトレンドが出ていて結構取れましたー♪
金曜は雇用統計だったので、その前は少し負けてしまいましたがA(^○^;)
また、報告記事あげていきますね。

 

さて、年始のご挨拶の際にお話していた、
私のドラストFX検証ルールの詳細について、
早速記事にまとめていきたいと思います!

 

最初はエントリールールから。
エントリールールはドラストFXのオリジナルルールに
基本的に忠実にやっていると思います。
ただ、ドラストFXのルールには若干の裁量的な要素があるので、
そういった部分で私がどのように考えているのかということもお話します。

また、この検証ルールは2016年1月現時点でのものです。
今後実践の中でより良いルールにするために
変わっていく場合があるかもしれませんので、その点ご理解ください。

 

【エントリールール】

clip_image002

まず、ドラストFXの基本的なエントリールールは
教材の通りですが一応整理しておきます。

 

 

①大矢印が出たのを確認します

②大矢印の方向と逆側のドラゴンバンドに足がタッチしたことを確認します

上向きの大矢印が出たら、下のドラゴンバンドに足がタッチするのを確認

下向きの大矢印が出たら、上のドラゴンバンドに足がタッチするのを確認

③①②を確認後、大矢印の方向のエントリーサインが出たらエントリーします

 

 

 

 

clip_image004

 

 

 

エントリー判断についてより具体的な事例を
確認してみましょう。

 

例えば上図のような状況の場合です。

 

 

下方向の大矢印が出現しているので、
下矢印のエントリーサインが出たらエントリーを考えます。
この状況では大矢印が出た後に、足が上側のドラゴンバンドにタッチするのを
まず確認視しなければなりません。

 

緑丸で囲った4つの下矢印のエントリーサインは、
直前の波の足が上側のドラゴンバンドにタッチしていない為、全て見送ります。

 

その後赤丸で囲ったエントリーサインでは、
直前の波が上側のドラゴンバンドにタッチしていますので、
ここでは売りエントリーすることができます。

 

 

clip_image006

 

 

ここで直前の波のバンドタッチというのは具体的に
どういうことか考えてみましょう。

 

上図が分かりやすいと思うのですが、赤丸での買いエントリーサイン(上矢印)の場合、
直前の波の谷が下側のドラゴンバンドにタッチしている事が分かると思います。
なので、赤丸のエントリーサインでは買いエントリーします。
しかしその次の黄丸での買いエントリーサインはどうでしょうか?

 

過去をさかのぼれば、赤丸のエントリーサインの直前に
下側のドラゴンバンドに足がタッチしているのですが、
この波は黄丸の波の一つ前の波でのバンドタッチになります。
(ピンクの矢印で示した大まかな波が高値安値を更新している
上昇の波と考えられるので、それで捉えて下さい。)

 

黄丸の直前の波の谷は下側のドラゴンバンドにタッチしていないので、
黄丸でのエントリーは見送るというわけです。

 

 

clip_image008

 

 

もう一つ具体的な事例として、大矢印とエントリーサインが
同時に出た場合にどうしているかご説明します。

上図は大矢印とエントリーサインが同時にでたときのチャートになります。

 

私はこういう場合のエントリールールは
『サインが出た足がバンドタッチしているかどうか』
でエントリーするかどうかを判断することにしています。

 

 

緑丸の下方向の大矢印とエントリーサインの場合は、
矢印が出た足が上側のドラゴンバンドにタッチしていません。
なので、ここではエントリーを見送ります。

 

一方、赤丸の上方向の大矢印とエントリーサインの場合は、
矢印の出た足が下側のドラゴンバンドにタッチしているので、エントリーします。

 

ちなみに、一度ポジションを持ったら、決済するまでは
新しいエントリー可能なエントリーサインが出ても、
1ポジション保有中のためエントリーは見送ります。
基本的に1通貨ペアにつき1ポジションしか持たないことにしています。

 

 

 

この最後の大矢印と小矢印が同時に出た時のエントリーなのですが、
12月からエントリーEAでの検証をしていて、EAではこの同時に矢印が出た時の
エントリーする、しないの判断のプログラミングが非常に難しいため、
こういうタイミングでのエントリーサインは全て見送りにしていました。

 

実際こういうエントリーサインというのは
エントリーできるものが滅多にないので、
全部見送りでも良いかなと検証を経て思っています。

 

 

 

 

 

エントリールールやエントリーEAでのエントリーについてなど、
また気付いたことや更新した内容があれば
随時ブログにアップしていきたいと思います。

 

次回はロスカットについてまとめます^^





P.S. 以下ブログについての基本情報です。

検証中の教材

ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)
(ただし、決済ルールはアレンジしています。)

 ・エントリールール

 ・決済ルール

これまで行った検証

検証記事一覧

検証で見えてきた利益を伸ばす方法

ドラストFXのエントリーサインは非常に優秀だと感じています。

ただし、決済ルールに多少の裁量がある点があること、

損を小さく、利益を大きくするために少し改良の余地を感じていました。

そこで、決済ルールを少しアレンジして検証を行っていますが、

今のところかなり調子が良いです。

このアレンジ手法は当ブログからドラストFXを

購入頂いた方への購入特典としてお渡ししています。

特典ではなく、公開することにしました。

ドラストFX検証ルール

さらに、さらにアレンジ手法での決済アラートツールなど

トレードの手助けとなるツールもお渡しします!

ドラストFX対応の自作ツールについて

ドラストFX対応自作ツールその1(ドラゴンアローズ出現レートにサイン表示)
ドラストFX対応自作ツールその2(利益確定アラートツール)
ドラストFX対応自作ツールその3(ドラゴンバンドタッチサインツール)
ドラストFX対応自作ツールその4(無駄エントリー無視ツール)高勝率ver.
ドラストFX対応自作ツールその5(無駄エントリー無視ツール)高頻度ver.

ドラストFXのエントリーEA

ドラストFXエントリーEA

ドラストFXのエントリー&決済EA

ドラストFXエントリー&決済EA(試作版)

ツールとEAの受取り方