ブラストFX(Black AI ストラテジーFX)用自作インジケータの紹介です。

このインジケータは当ブログからのブラストFX購入者へお渡ししている特典です。

 

ブラストFXの基本ルールの中でエントリーは2種類紹介されています。

image

image

 

おおまかにいうと、基本エントリーはレンジ用の手法で、

トレンド発生時のエントリー方法はそのままですが、

トレンド時のエントリー方法です。

 

で、そのレンジ、トレンドを判断するのは

「AI-Analyze」というツールになります。

image

 

これは、RCIを元に作成したインジケータのようで、

購入者ページには「RCIのパラメーターを現在の相場に合わせて最適化されております。」

と記載されています。

 

このインジケータで、黄色ラインが長期の勢いを表しています。

これが、高値圏にへばりついている時は上昇トレンド、

安値圏にへばりついている時は下降トレンドと判断できます。

 

高値圏:赤帯

安値圏:青帯

 

自作のインジケータ(AI-Trend)では設定した期間(初期値30)よりも

多く高値圏、安値圏に継続して黄色ラインがいる時を

トレンド時として上下矢印を赤色で表示します。

 

設定した期間以下の場合は上下矢印(黄色)で

短期的な流れと判断します。

 

それ以外はレンジ状態として横矢印(青)を表示します。

image

赤色が全くないような相場状況だと

トレンドと判断して基本エントリー(レンジ用)を狙っていきます。

 

赤色がバンバン出ているような相場状況だと

トレンド相場と判断してトレンド発生時のエントリーを狙っていきます。

 

このインジケータがあると視覚的に相場の状況が分かりやすいので

かなり便利で、相場にあったトレードがやりやすくなると思います♪

 

image

パラメータの説明です。

period:現在値からどの期間までさかのぼってAI-Trendを表示させるか

trend_prd:高値圏、安値圏にへばりついていると判断する期間
         (黄色矢印から赤矢印に変化する期間)

trend_color:高値圏、安値圏にへばりついている時の矢印の色

updw_color:高値圏、安値圏に到達したへばりついていないときの矢印の色

range_color:高値圏、安値圏以外の時の矢印の色

 

このインジケータの入手方法は「当ブログ限定ブラストFX特典」をご覧ください。

 

ではでは。





P.S. 以下ブログについての基本情報です。

検証中の教材

ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)
(ただし、決済ルールはアレンジしています。)

 ・エントリールール

 ・決済ルール

これまで行った検証

検証記事一覧

検証で見えてきた利益を伸ばす方法

ドラストFXのエントリーサインは非常に優秀だと感じています。

ただし、決済ルールに多少の裁量がある点があること、

損を小さく、利益を大きくするために少し改良の余地を感じていました。

そこで、決済ルールを少しアレンジして検証を行っていますが、

今のところかなり調子が良いです。

このアレンジ手法は当ブログからドラストFXを

購入頂いた方への購入特典としてお渡ししています。

特典ではなく、公開することにしました。

ドラストFX検証ルール

さらに、さらにアレンジ手法での決済アラートツールなど

トレードの手助けとなるツールもお渡しします!

ドラストFX対応の自作ツールについて

ドラストFX対応自作ツールその1(ドラゴンアローズ出現レートにサイン表示)
ドラストFX対応自作ツールその2(利益確定アラートツール)
ドラストFX対応自作ツールその3(ドラゴンバンドタッチサインツール)
ドラストFX対応自作ツールその4(無駄エントリー無視ツール)高勝率ver.
ドラストFX対応自作ツールその5(無駄エントリー無視ツール)高頻度ver.

ドラストFXのエントリーEA

ドラストFXエントリーEA

ドラストFXのエントリー&決済EA

ドラストFXエントリー&決済EA(試作版)

ツールとEAの受取り方