EURUSD

20151005EURUSDM5_TK

20151005EURUSDM5_LD

20151005EURUSDM5_NY

 

トレード回数 2

(1)ショート +2.9pips
(2)ショート △23pips

勝敗 1勝1敗

利益TOTAL △20.1pips

 

GBPUSD

20151005GBPUSDM5_TK

20151005GBPUSDM5_LD

20151005GBPUSDM5_NY

 

トレード回数 1

(1)ロング +17.7pips

勝敗 1勝

利益TOTAL +17.7pips

 

USDJPY

20151005USDJPYM5_TK

20151005USDJPYM5_LD

20151005USDJPYM5_NY

 

トレード回数 2

(1)ロング ±0pips
(2)ロング ±0pips

勝敗 2分

利益TOTAL ±0pips

 

10/5の利益TOTAL △2.4pips 勝敗 2勝1敗2分

10月の利益累計(5分足) +24.8pips

 

テキストだと、トレンドが出ているとき(ドラゴンバンドの傾きがあるとき)は矢印の向きと反対側のドラゴンバンドタッチを待たなくても、ミドルラインタッチ後矢印が出たらエントリー可と書いてあるのですが、今は一応エントリー矢印の直前の波が反対側のドラゴンバンドにタッチしているときのみエントリーとしています。

トレンド時ミドルバンドタッチでのエントリーを条件に加えるともう少しエントリーが増えるかと思いますが、ドラゴンバンドの傾きだけでは正直トレンドが出ているかどうかということは判断できないと思います。(大体サインがでるところは押しや戻し目なので、そういうところというのは一旦バンドが平行になっていたり、逆方向に傾いたりしているものだからです。)

トレンド時ミドルバンドタッチでのエントリーを条件に加えるのであれば、トレンドが発生しているのかどうか、または発生中のトレンドが目標値に到達してしまっていないかどうか(エントリー後十分利幅が取れそうかどうか)ということを、ロウソク足チャートで環境分析しておく必要があると思います。

裁量を入れてフィルターをかけていく検証は、とりあえずオリジナルルールのみで半年くらい検証した後、徐々にはじめたいと思います(^^)/





P.S. 以下ブログについての基本情報です。

検証中の教材

ドラゴンストラテジーFX(ドラストFX)
(ただし、決済ルールはアレンジしています。)

 ・エントリールール

 ・決済ルール

これまで行った検証

検証記事一覧

検証で見えてきた利益を伸ばす方法

ドラストFXのエントリーサインは非常に優秀だと感じています。

ただし、決済ルールに多少の裁量がある点があること、

損を小さく、利益を大きくするために少し改良の余地を感じていました。

そこで、決済ルールを少しアレンジして検証を行っていますが、

今のところかなり調子が良いです。

このアレンジ手法は当ブログからドラストFXを

購入頂いた方への購入特典としてお渡ししています。

特典ではなく、公開することにしました。

ドラストFX検証ルール

さらに、さらにアレンジ手法での決済アラートツールなど

トレードの手助けとなるツールもお渡しします!

ドラストFX対応の自作ツールについて

ドラストFX対応自作ツールその1(ドラゴンアローズ出現レートにサイン表示)
ドラストFX対応自作ツールその2(利益確定アラートツール)
ドラストFX対応自作ツールその3(ドラゴンバンドタッチサインツール)
ドラストFX対応自作ツールその4(無駄エントリー無視ツール)高勝率ver.
ドラストFX対応自作ツールその5(無駄エントリー無視ツール)高頻度ver.

ドラストFXのエントリーEA

ドラストFXエントリーEA

ドラストFXのエントリー&決済EA

ドラストFXエントリー&決済EA(試作版)

ツールとEAの受取り方